topページ掲載 お知らせ 番外

足のこと ①

2019年7月28日

靴作りを初めて10年、昨年納品した靴が1000足を超えました。
リピート方も多いのですが、約1000の足を見たことになります!
足の個性は本当10人10色ですごく面白い!
幅広の人、細い足の人、甲が高い人、ハイアーチの人、偏平足、開張足などなど
それぞれ皆さん悩んでいらっしゃるので、面白いは失礼ですね・・・

足の形はさておき、最近確認していることは
足の指がちゃんと機能しているかどうか?
例えば、手なら「グー、チョキ、パー」して下さいと言ったら、
すぐに出来ますよね。
それが足の指になると、動かない人が多いのです。
是非試してみて下さい!スムーズに動けばOK
脳が「動け」と指令を出して、筋肉が動くはずなのですが、
その回路がうまく繋がっていないのでしょう。

そこは訓練!!
まずお風呂で筋を柔らかく伸ばします。そして、グッパを10set(これは私が毎日やっていることです)
考えながら指を動かすことで、脳とつながっていきます。

足指がなぜ大切かと言いますと、
歩くとき、足の裏で大地を踏みしめて右足、左足、右足と歩くわけですが、
最後足が地面から離れるとき、指でぐっと蹴りだすことが大切です。
足の腹だけで歩くと、ペタペタ・・・面で体重を受けてしまいます。
小さい面積に思い体重が乗ることで、足裏に直接ダメージかのしかかります。
それが疲れやすい原因になったり、タコができたり。
指が踏ん張ることで、点になります。
面でなく、点で重量を受ける方が負担が少なく済みます。
年齢と共に筋肉は衰え、アーチも落ちてくることはある程度仕方ないことですが、足指を上手に使って、少しでも負担を軽くしたいものです。

自分の体なので、自分でやらないと始まりません!!是非試してみてください。